ヨルダン・アンマン街歩き(死海~王立自動車博物館)

イスラエル・パレスチナ旅行で通り過ぎるためだけの予定だったヨルダンですが、とても魅力的な良い国だったので写真付きで紹介します。イスラエルとの国境(キングフセインブリッジ)から死海に寄ってアンマン市内から王立自動車博物館までを紹介します。

vx trip

vx tripさんのプロフィール写真
0

作成日:2018年02月02日

旅の詳細

旅した国
ヨルダン
場所の詳細
アンマン
旅した時期
2017年10月ごろ
かかった費用
タクシー代
7,000円
死海ビーチ入場料
3,000円
その他
5,000円
合計
15,000円詳細表示
アンマン中心部にあるローマン・アンフィシアターからの街の様子

イスラエルとの国境から死海へ

旅行を計画した段階ではイスラエルとパレスチナ観光がメインだったのでヨルダンでの観光はしない予定だったのですが、「Dead Sea」という道路標識を見た途端に死海につかりたくなってしまいました。イスラエルとの国境からタクシーでアンマン市内に向かう予定を急きょ変更して死海経由アンマン市内行きにしてもらい、死海ビーチへ向かいました。キングフセインブリッジから死海経由アンマン市内行きでタクシー代は50ヨルダンディナール(約7000円)でした。

アンマンに向かう間に見た標識。これをみて死海に向かうことにしました。

イスラエルとの国境(キングフセインブリッジ)

死海ビーチ

イスラエルとの国境からタクシーで20分くらいで死海周辺につきます。死海に面した土地には高級リゾートホテルが立ち並んでいます。私が案内された場所は「アンマンツーリストビーチ」というプール付のビーチでした。入場料が20ヨルダンディナール(約3000円)です。更衣室やシャワールーム(あまりきれいじゃない)もついているので死海で泳いでもきれいに洗い流せます。売店もあり水着も買えます。

立派なリゾートビーチです。私が行ったときは平日(金曜日)の午前中だったせいかガラガラでした。このプールの奥に死海ビーチがあります。
死海ビーチもきちんと整備されています。こちらも旅行客が数人いるだけでガラガラでした。
潮の結晶が砂のようになっています。私が行った10月は気温が28度くらいあったので気持ちよく浮かぶことが出来ました。ただ普通の海とは違う感覚になるので一瞬溺れそうになりました。

アンマン市内(ローマン・アンフィシアター)

死海からタクシーで40分くらいでアンマン市内に着きます。ホテルの近くまで行ってもらいチェックインと荷物を置いてから「ローマン・アンフィシアター」まで歩いてアンマン市内をぶらぶら散策しました。

ローマン・アンフィシアターです。入場料に4ヨルダンディナールくらいかかります。
ローマン・アンフィシアターの頂上。高い建物が周りにないので見晴らしがいいです。写真で見るより急斜面なので上るときも降りるときも気を使います。

ローマン・アンフィシアター

アンマン市内の様子

ぶらぶらと歩いていた時にとった写真を紹介します。

マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード店も結構あります。
イスラム教のモスクと道を挟んで教会(コプト正教会)があります。色々な宗教がうまく共存しあえている印象です。
ヨルダンの街並み。

ヨルダン王立自動車博物館

ヨルダン観光の最後に行ったのは「王立自動車博物館」です。車やバイクに興味はないのですが、王立の自動車博物館ということに魅力を感じて行ってみました。この博物館に展示されている物はヨルダン国王の私物だそうです。クラシックカーやスポーツカーやレースカーが展示されていますので見応えは十分です。

ベンツのスポーツカー。
クラシックなバイクがギッシリ並んでます。
入口には映画「オデッセイ」で使われた車両も展示されています。

王立自動車博物館

ヨルダンでの食事

ヨルダンで食べたものを紹介します。食べたものすべて日本人好みの味付けです。日本人が旅行しても食べ物には困ることはないと思います。

アンマン市内にチェーン展開しているお店のチキンライスとパンです。ジューシーなチキンと少しぱさぱさなご飯ですが美味しかったです。パンの中身は空洞ですが焼きたてでふっくらしてます。
カップラーメンも売っています。さっぱりした味付けで美味しかったです。
アンマン市内にあるカフェで食べたハンバーガー。シーシャ(水タバコ)も吸えるオシャレなカフェです。

旅のアドバイス/注意点

個人商店で買い物してもお釣りをごまかされたりぼったくられたりすることはありませんでした。市内の移動でタクシーに乗ってもきちんとメーターを使ってくれます。ただ個人商店やほとんどのタクシーは英語が通じません。観光地付近にいるタクシー運転手などは英語を使いますが、観光客馴れしているせいか高い料金で連れまわそうとしますので注意が必要です。

その他の写真

関連する旅行記

処理中