元祖!聖地巡礼の旅

イスラエルのエルサレムにある三大宗教の聖地を巡った旅の記録です。パレスチナのベツレヘムにあるキリスト誕生の教会もみてきました。岩のドームは参拝時間に間に合わず遠くから見ることしかできなかったのが残念でした。

vx trip

vx tripさんのプロフィール写真
0

作成日:2018年08月21日

旅の詳細

旅した国
イスラエル
場所の詳細
エルサレム
旅した時期
2017年10月ごろ
キリストの墓とされる場所に建つ「聖墳墓教会」の内観です。このドームの内部にはキリスト復活の石墓があります。

キリストが誕生したとされる「降誕教会」

パレスチナのベツレヘムにあるキリストが誕生した洞窟の上に建つ降誕教会です。訪れたときは教会内部は改装中らしく、工事の足場がたくさんありました。教会地下にある銀の星があしらわれた穴があり、訪れた人はその穴に額を付けてお祈りをしていました。

厳かな雰囲気がある装飾が印象的ですが、工事の足場がちょっと残念です。
教会の地下へ行く入り口です。
地下の様子です。正面の下に銀の星があしらわれた穴があります。

降誕教会

キリストが復活したとされる「聖墳墓教会」

エルサレムの旧市街地にある聖墳墓教会です。キリスト教聖地のひとつです。入り口の近くにはキリスト埋葬のために準備された大きな石版があり、中心には復活を遂げたとされる石墓があります。この教会には昼間と早朝の2度いきましたが、早朝は参拝する人も少なくおすすめです。(早朝の場合は復活の石墓は見れなかったと思います)

教会中心にある復活の石墓があるドームです。昼間なら内部に入ることができ、教徒の方は石墓に額をつけてお祈りをしていました。このドームの周りでは祈祷が行われています。
お祈り用のロウソクを買って内部にある燭台にたてることができます。
早朝に撮った教会入口です。朝5時から開いているそうです。早朝のほうが人が少なくより厳かな雰囲気が味わえます。

聖墳墓教会

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」

私が行った10月上旬はユダヤ教「仮庵の祭」で、たくさんの教徒の方が嘆きの壁でお祈りをあげていました。そのため、嘆きの壁の広場へ入る際には厳重な荷物検査がありました。一部通行制限をしている通りもありました。

ユダヤ教徒でない観光客でも壁に近づくことはできますが、ユダヤ教の帽子「キッパ」の着用は必須で、持ってない人のために無料でキッパを配っていました。祭りなので近づいての写真撮影は遠慮しました。
嘆きの壁の向かい側の様子です。この白い小屋はお祭りの日以外はないものじゃないかと思います。

嘆きの壁

岩のドーム(遠くから)

この旅で唯一残念だったのは岩のドームを近くで見ることができなかったことです。ユダヤ教のお祭りの日だったせいか、入り口の警備が厳重で長蛇の列ができていました。岩のドームへ行く際には時間に余裕をもって、荷物も最小限にしたほうが良いです。私は旅行の荷物がすべて入ったリュックを背負ったまま入ろうとしたので長時間チェックされた挙げ句、入れませんでした。

奥にある金色の屋根の建物が「岩のドーム」です。手前の人が集まっているところが嘆きの壁です。ユダヤ教とイスラム教の重要施設がこんなに近くにあることに改めて驚きます。

岩のドーム

旅のアドバイス/注意点

ユダヤ教のお祭りの日を確かめて旅程を組んだほうが良いです。お祭りの日はユダヤ教の安息日になっていることが多いので、ユダヤ教徒の方が経営するお店の営業時間や交通機関が平時と異なることがあります。
岩のドームに行く際は余計なものはホテルに置いておきましょう。

その他の写真

関連する旅行記

処理中